ななやジェラートinグリンピア牧之原 お茶づくしの穴場スポット!!

「ななや」はメディアや雑誌で紹介されたりして、休日ともなれば藤枝本店の前の道路は、渋滞ができるほどの行列になっています。本店の記事はこちらです。

「世界一濃い抹茶のジェラートが食べられる」と大人気の「ななや藤枝店」に行ってきました。ななやは東京の青山にもあり行列ができてるそうですが...

何がそんなに人気か?というと「抹茶ジェラート」が美味しいと評判なんです。ジェラート食べたさにみんな長い列を作ってるんです。

「ななや」は藤枝本店以外にも、静岡店や青山店などがあるのですが、何といってもおすすめは「グリンピア牧之原店」です。

「グリンピア牧之原」というのは、牧之原市にあるお茶工場施設なんですが、その敷地内にお土産などが売っているお店があり、その中に「ななや」が入っています。

なぜおすすめかと言うと、ここは並ばなくても食べれるんですよ。空いてるから(笑)

先日ジェラートを食べに行ってきたので、おすすめポイントやお店の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

グリンピア牧之原のななやは穴場!!

お茶にまつわる商品がたっくさん!!

グリンピア牧之原に着くと、目の前に大きなお茶工場があり、その右手に「逸品館」というお土産などをたくさん売っているお店があります。

そこに「ななや」も入っています。観光バスで観光客がいる場合もありますが、そうでなきゃすごい空いています。ねらい目はやっぱり平日です。藤枝店や静岡店では並ばないと食べれないジェラートがすぐに食べられます!

まさにななやの穴場です。しかも「ななや」以外のお店も入っているので「お茶」というものを存分に味わう事ができますよ。

お茶に馴染みのある静岡人の私でも、いろんなものがたくさんあってワクワクしました。

店舗に入ってすぐに目に付くのが「試飲コーナー」です。

お茶の試飲コーナー

何種類かのお茶を試飲することができるんです。温かいのも冷たいのも用意されていました。

ここも試飲コーナー。おいしいお茶の入れ方も説明してくれていますね。海外のお客さんも多いのか?中国語や韓国語でも説明が書いてありました。

お土産がめちゃくちゃ豊富

お茶っ葉はもちろんのこと・・・

ななやのジェラートもお土産で買えるし・・・

お菓子系もたくさんあります。

カフェインがダメな方にも、ノンカフェインのルイボスティーなどもありました。さらにお茶は「アンチエイジング」にいいらしい!テンション上がる~!

ななやのジェラート

一通りお茶を楽しんだら、ななやのジェラートへレッツゴー!!です。

めちゃくちゃ緑~!!ちなみに抹茶ジェラートの濃さは7段階になっていて、NO.7が一番抹茶が濃いそうです。値段はNO.1~6は300円で、NO.7は500円です。

NO.7だけ500円ですが、一番人気は「NO.7」で、二番人気は「NO.4」だそうです。ということでNO.7を注文。

生で見ると、写真よりも緑が濃いです。そして味は・・・苦みが強い!苦みがあるよとは聞いていましたが。でもその苦みがたまりません。評判通りすごく美味しいです。

さすが世界一濃い抹茶です。

※1つ注意点なんですが、グリンピア牧之原のななやは他店と違い、シングルのみでの販売になるので、ダブルにしたりできないのでご了承下さい。

スポンサーリンク

お茶畑に囲まれて食べよう

グリンピア牧之原には、ななやプロデュースのテラスのような空間があります。グリンピア牧之原はお茶畑の中にあるので、せっかくジェラートを買ったなら外にあるテラスで食べるのが気持ちいいですよ。

お茶摘み体験までできちゃう

何とグリンピア牧之原は「お茶摘み体験」ができちゃうんです。時間は決まっているようですが、券売機でチケットが売られています。

券売機にも書いてあるように、雨天、雨上がりは中止になるようですし、予約して行くのが確実です。茶娘の衣装も有料ですが貸してくれます。

詳しくはグリンピア牧之原のHPを見て下さいね。茶娘になれちゃいますよ。

まとめ

ななやのジェラートはすごく人気があるので、休日ともなれば長蛇の列で並ばないと食べれませんが、グリンピア牧之原のななやは並ばずに食べれますよ。

それでもこの穴場情報が広がってしまえば混んでしまうかもしれないですが、多分立地的な面からして大丈夫じゃないかな?と思います。

ななやの藤枝本店は水曜日定休なので、水曜日にどうしてもななやのジェラートが食べたくなった!!って人にもおすすめです。

【関連記事】
ななやの抹茶ジェラート 藤枝本店で世界一濃い抹茶アイスを食べてきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする