浴衣はどこで買うのが1番いい?どういうのを買えばいいの?


浴衣で花火大会に行く約束をしたぞ~!さぁ夏を満喫!となったけど

「実際浴衣ってどこで買うの?帯とか下駄ってどうすればいいの?」
「帯や下駄ってどうすればいい?浴衣にセットで付いてくるもの?」

と意外にわからないことが出てきます。浴衣類はどこで買えばいいのか?は、浴衣に対する思いによって変わってきます。

「少々高めでもいいけど一生その浴衣を着ていきたい」
「数年でいいから流行りの浴衣を着たい」
「浴衣、帯、下駄などをセットで安く買いたい」

など様々な方がいるかと思います。ということで、浴衣に対する思い別で買うところをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ずっと着ていける浴衣が欲しい

少々高くてもいいから、ずっと着ていける浴衣が欲しいという方は、まずは呉服屋さん(着物屋さん)です。

若い方は少し敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、そういう方はデパートにも呉服屋さんは入ってることが多いので、よく行くデパートなどネットで調べてみてください。

イオンモールなどにも呉服屋さんが入っていることが多いですので、緊張せずにお店に入ってみて下さい。

そしてずっと着ていきたいと思うなら、それなりの値段のものになってしまいます。

値段は呉服屋さんでも1万円位からあって、上は10万円位のものまでありますが「これ可愛い!」と思うものは、大体高いです・・・。それでも3万円くらい出せば、かなりいい浴衣が買えます。安いものとは生地が全然違うんです。

呉服屋さんでも、帯やバックなどとセットで売っていることもあるかと思いますが、「もう一着欲しい」となった時など、合わせやすい帯の色や下駄などもありますので、呉服屋さんの方と相談して決めていくのもいいかと思います。

そして呉服屋さんならではですが、反物を買って仕立てるという方法もあります。

ずっと着ていきたくて、多少お金がかかってもいいなら、自分に似合う流行廃りのない仕立てたものがいいかと思います。仕立て代は、お店などにより差はありますが、5千円から1万円が相場の様です。

スポンサーリンク

流行りの浴衣が欲しい

10代の方は、とにかく「今っぽい流行の柄の浴衣が欲しい!」という方が多いかと思います。

そういう方は、正直今はどこでも売っています。デパートやモールなどにある色んなショップで売られています。

そういったお店にあるのは、流行りものがほとんどかと思います。そして金額的にも安価なものがほとんどです。

そして、そういったお店(ショップやモールなど)に行く時間がなかったり、お気に入りの浴衣が見つからなかったときはネット通販でも様々な浴衣が売られています。

ネットでの浴衣の金額は、ピンきりで2~3千円あたりからありますし、セットで買っても1万円以下でもあります。

この↓広告のショップは何と「浴衣3点セットで3402円」です。こんなに安いのに、浴衣が20種類の柄から選べて、帯も下駄も選べます。口コミも上々なので見る価値ありです。

ネットでは、いろんな浴衣を見ることが出来るし、安価に購入することができるかと思います。

デメリットは、試着ができないので鏡で自分に合わせることが出来ません。想像で合わせるしかないですが、基本的に浴衣はどんな女性もキレイに見せてくれます。というか、日本女性って浴衣が似合っちゃうんですよね。

なので、洋服ほど「似合うかな?」と心配しなくていいです。背が低い人は大花柄より小花柄の方が似合う・・・などはありますが、好きな柄が一番じゃないでしょうか。

浴衣、帯、下駄などセットで欲しい

今はこういった販売の形が増えました。というより、むしろ「浴衣、帯、下駄の3点セット」や「浴衣、帯、巾着、下駄の4点セット」などセット売りの方が多いかもしれません一人でも着られるように、帯が結ばれた形で売っているものもあります。

セットはどこで売られているかというと、これもどこでも手に入れることが出来ます。

呉服屋さん・デパート・ショッピングモール・ネット通販・オークションなど、どこでもあるかと思います。

価格はセットでもピンきりですが、1万円以下でもあります。

そして呉服屋さんにあるセットの場合は「高そうな浴衣しかないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は比較的、安価な浴衣セットが置いてある所も多いです。

 

まとめ

浴衣はどこで買えばいいか?どういうものを買えばいいか?と言っても、一生もの、その時だけ着れればOKなど、用途によって購入するお店や価格はピンきりです。

安いものは2~3千円代からありますし、当たり前ですが高いものを探せばいくらでもあります。

ただ安価なものは布が厚ぼったく、着ていても暑いし見る人が見ると安物というのは一目瞭然です。でも見る人が見れば・・・です。

それでも私は若いときに「今着れればいい」とかなり派手な浴衣を着ていましたが、その時にしか着れない柄だったので、その浴衣を選んで良かったと思っています。流行りの浴衣は結構いい思い出になったりします。

そして20代に入ってから、高めの浴衣を購入したのですが、安価な物との生地の違いにびっくりしました。こういった素材のいい浴衣は、ずっと使えます。

現に、浴衣ではありませんが、私がその浴衣に合わせていた帯は母親が若い頃に購入した帯です。何十年前のものになるかは内緒ですが、いいものはずっと使えます。

まだ好みが変わりそうな方や、今しか着れない様な流行の浴衣を着たい方は、安価なものをショップやネットで・・・というのがいいと思いますし、価格は高くなってもいいものが欲しい方は呉服屋さんでといった感じです。

【関連記事】
浴衣に合うバックとは?可愛く決めるにはバック選びも重要!!
浴衣はパンツ履くの?下着は着けないって本当??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする