Tシャツの寿命は何年?Tシャツの寿命を延ばすひと手間とは?!

家着でもオシャレ着でも大活躍のTシャツ。誰もが持っているアイテムですが、そのTシャツの寿命ってご存知ですか?

私は家着で着ているユニクロのTシャツがだいぶヨレヨレになり、襟元も破れてきたりしてたので(どんだけ着てんだよって感じですが)同じものを買いに行ってきました。

破れたりする前にとっとと買い替えればいいのですが、家でしか着ないし誰に見られる訳でもないし・・・という感じで平気で着ていました。

Tシャツってヨレヨレになっても着れるし、逆に古いTシャツって、ヨレヨレ具合が肌に馴染み着心地良かったりするので、捨て時や買い替え時に迷ってしまいませんか?

そこで「Tシャツの寿命」ってどれくらいなんだろう?と気になったので調べてみました。Tシャツの寿命と共に「Tシャツを長く着る方法」をまとめましたので、よろしかったらご参考にして下さい。

スポンサーリンク

Tシャツの寿命は?

家着Tシャツの寿命

私はユニクロで家着Tシャツを買い替えたんですが、買い替える前のTシャツを「サイズも丁度いいし、ヨレヨレが気持ちいいし、色焼けしてるけど誰が見るわけじゃなし・・・」と、5年以上も着てました。

一般的なTシャツの寿命は、素材や作りなどによっては違うものの、一応の目安は約2~3年持てばいいと言われています。

家着ならほぼ毎日着ますから、それで2~3年着れれば元は取れてる気がしますよね。家着Tシャツにこだわらない人は、私の様に5年以上も着る人もいれば、もっと強者もいます。

少し話はズレますが、嵐の二宮さんはパンツのゴムが伸びても穴が開いても履くって言ってました。パンツに穴が開くって相当ですよね。

家着Tシャツも、穴が開いてようがどうでもいいという人なら、寿命は果てしないですね。着ようと思えば何十年でも持ちますからね。

ですが、一般的な寿命は2~3年ということです。

オシャレ着Tシャツの寿命

「オシャレ着のTシャツ」の寿命は

・首元がよれていないか
・生地がヨレヨレじゃないか
・色褪せていないか
・毛玉ができていないか
・プリントや文字が剥げてきていないか

などをチェックしましょう。だらしなさだったり不潔感が他の衣服よりわかりやすいのがTシャツです。ちょっと首元が伸び気味なだけで「だらしない」感がすごく出ます。

オシャレ着の場合は、気を付けて洗濯をしても、何回か着ればやはり「家着感」が出てきてしまいます。家着感が出てきた時点でオシャレ着Tシャツは寿命です。上記の項目をチェックして寿命かどうか確かめましょう。

Tシャツって他の洋服より廃れるの早いですよね。というか劣化がわかりやすいですよね。
しかも高いTシャツやブランド物を買ったからといって、長持ちするとも限らない。安物を雑に扱ってても何年も伸びない場合もあるし・・・(笑)

・・・とにかくお気に入りのオシャレ着Tシャツはなるべく長く着たいですよね!

スポンサーリンク

Tシャツを長持ちさせるには?

Tシャツを着ている時間

Tシャツの寿命を長くする一番の方法は「着ないこと」なんですが、それでは元も子もないので、極力着る時間を短くします。

私はオシャレ着のTシャツは、本当に外着でしか着ません。外へ出かける直前に着替えて、帰ってきたら速攻家着に着替えます。

家にいてくつろいでるときも、何だかんだ体は動きます。その時の摩擦が毛玉や、生地の伸び縮みに繋がるので、本当に外に出かけている時間しか着ないようにします。

そしてその着脱の時も、雑に扱わない様にします。袖を無理に引っ張って脱いだりすると、同時に襟元も引っ張ってしまい伸びる原因になるので、両手を交差してTシャツの裾を持ち、上へと引っ張る脱ぎ方が一番ダメージが少ないです。

洗濯の仕方

Tシャツがだらしなく見えてしまう一番の原因は「首元のよれ」です。その「よれ」は洗濯によって起きてしまう為、洗濯の仕方が重要になります。

Tシャツは、洗濯機にそのまま入れず、洗濯ネットに入れましょう。100均で売ってますので、小さすぎず大きすぎずのものを選んでください。

ネットに入れないと、他の洗濯物と絡み合い首元のよれの原因になってしまいます。

そして、洗濯機の中だけでなく、干すときにも注意が必要です。干す時にハンガーを使う方は、首元をよれさせない為に、ハンガーは必ず裾の方から入れるようにしましょう。

私の場合、洗濯をして水を含んで重くなってしまっているいかにも伸びそうなTシャツは、ハンガーで干さずに物干し竿にそのまま二つ折りに干しています。

ハンガーだとTシャツの重さで変にあとが付いてしまいますし、ピンチハンガーで何ヶ所か止めて干したとしても、その部分だけ伸びてしまうので、竿にそのまま干します。

さらに、Tシャツを色焼けさせない様に裏返して干します。紫外線にずっと当たっていると、どうしても色焼けしてしまいますし、ロゴや絵のプリントがある場合は、紫外線でプリントの劣化も早まってしまいます。

干す時はTシャツを裏返すか、陰干し。そしてTシャツを裏返す時も、雑に扱って首元や裾が伸びない様に注意してください。

もともと短命なTシャツとは

上記の様に、着脱の仕方や着ている時間、洗濯の仕方を気を付ければ、Tシャツの寿命は長くなります。ですがその前に・・・。Tシャツのよれや色褪せの前に、寿命が来てしまう場合があります。

それは「流行りのTシャツ」です。流行り物の寿命は短く、1シーズン着たら、翌年はもう着れない・・・ということがほとんどです。

それを覚悟で購入するのならいいのですが「長く着たい」と思うのであれば、流行り物はNGです。さらに言ってしまえば、絵もロゴも入っていないものの方が流行り廃りはないのですが、そこまで気にしてしまうと、ファッションの楽しみが無くなってしますからね。

まとめ

Tシャツは、伸縮性があるので着やすいんですが、それがTシャツの寿命を縮める原因でもありました。ですが、ちょっとしたことで寿命はだいぶ延びますし、オシャレ着Tシャツは、家着にもなりますし、かなり重宝するアイテムですよね。

余談になるのですが、木村拓哉さんが私服で着ていたTシャツに一目惚れして、同じものを白と黒を色違いで2枚買ったことがありまして。すごく気に入っていたので、慎重に扱っていたのですが、2回ほど着ただけなのに、白の方だけ首元が伸びてしまい、すぐに2軍(家着)に落ちてしまいました。同じ扱いをしていたのですが、こういったこともあるので、上記の事をすれば必ず長持ちするとは言えません。

逆にすごく安いTシャツを雑に扱っても、傷まずに長持ちしているという場合もあります。

そのあたりの当たりはずれはありますが、基本上記の事を気を付けていれば、やらないよりも寿命は長くなりますので、是非試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする