バレンタイン 職場の人へのメッセージはこう書く!!ポイントと文例

バレンタインは職場の人に「義理チョコ」をあげるという人も多いかと思います。ちょっと面倒に思ってしまいがちですが、バレンタインは上司や同僚と距離を縮められるチャンスでもあります。

ちょっとしたメッセージを添えるだけで、グッとあなたの印象が上がります。面倒だと思わずにメッセージを添えて贈ってみましょう。好感度アップの文例もご紹介します。

スポンサーリンク

義理チョコへ添えるメッセージのポイント

■相手の名前を必ず書こう

相手の名前は必須です。すっごく当たり前のことなんですが、案外忘れることが多いんです。メッセージカードなども手紙と同じように「○○さんへ」と書くのと書かないとでは、印象が全っ然違うんです。
名前がちゃんと書いてあると「自分の為に書いてくれたんだな」と思って、特別感があり喜んでもらえますが、名前がないと「流れ作業的に書いたんだな」と思ってしまいます。

よく美容院から送られてくるDMなどでも「○○さん」と直筆で書いてあるだけで、ちょっと嬉しくなりませんか?
ほんのちょっとしたことなんですが、印象がかなり変わりますので、絶対に書いてください。

■あいさつを入れる

上司に書くのであれば「こんにちは」「お疲れ様です」といつもの挨拶で大丈夫です。取引先など少し遠い相手の場合は「お世話になります」「お元気ですか?」などなど。

同僚や後輩には「ハッピーバレンタイン!!」と書いてもいいですが、バレンタインを迷惑に思っている人もいるので「ハッピーバレンタイン」だと、はしゃぎすぎている感じもするのでおすすめしません。

■日頃の感謝の気持ち

日頃の感謝の気持ちを必ず入れましょう。というかここが本文になります。本文にはなりますが、簡潔に書きます。長ったらしい文章は面倒だし重いです。簡単に

「いつも仕事を助けてくれてありがとうございます」
「○○さんがいると職場が明るくなります」

など、本当に短文でOKです。女性が思っているより男性は単純です。いい意味で(笑)
「どうぞ食べて下さい」「手作りしました!!」などの文章より、感謝の気持ちを伝えられた方が断然喜んでもらえます。

スポンサーリンク

■締めの言葉

手紙と同じく締めの言葉を入れます。
上司なら「これからもよろしくお願いします」「今後ともよろしくお願いします」「今後ともご指導よろしくお願いします」など。
同僚なら「ではこれからもよろしく!!」と当たり障りない文章で終わりましょう。

■自分の名前を忘れずに!!

これは絶対忘れちゃダメです。職場の人はいくつかバレンタインをもらうと思うので、名前を忘れちゃうと、せっかくメッセージを書いたのにわからなくなってしまいます。

その名前を書く時なんですが「○○」と書くより「○○より」と書いてください。ちょっとの差さんですが「より」が可愛さをプラスします。なので、もし可愛らしいなと思われたくなければ「より」は付けない様にしてください。

職場の人へバレンタインメッセージ文例

上司の方へ

○○さんへ
お疲れ様です。いつもお世話になっています。
ほんの感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。
○○より

———————————————————————-

○○さんへ
お疲れ様です。いつもアドバイスをして頂きありがとうございます。
ささやかですが感謝の気持ちです。
またごはん連れてってください。
○○より

スポンサーリンク

同僚・後輩へ

○○さんへ
お疲れ様です。いつも助けてくれてありがとう。
ささやかですが日頃の感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。
○○より
———————————————————————-

○○へ
お疲れ様!○○のお陰でいつも助かってるよ。
ちょっとだけど感謝の気持ちです。
これからもよろしくね!!
○○より

まとめ

バレンタインを贈る時に、ちょっとしたメッセージを添えるだけで、相手の受け取りかたは全然違います。安いチョコレートでも「心のこもったチョコレート」になります。

例文のように、3行だけでいいんです。むしろ3行くらいがちょうどいいです。簡潔に感謝を伝えましょう。これでバレンタインがコミュニケーションに繋がったり、好感度アップの機会にもなります。ちょっと面倒ですが楽しんでいきましょう。

【関連記事】
バレンタイン 職場で渡す義理チョコ以外のおすすめお菓子は?
バレンタイン 健康志向のチョコレートを贈ってオシャレ女子になる!!
バレンタイン職場の男性は迷惑??男の本音と女の本音

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする