いとこにお年玉をあげないとダメ?あげたくないけど相場は知っときたい!!

お正月は、子供にとってお年玉をもらえる嬉しい時ですが、大人にとっては痛い出費ですね。自分の子供だけだったらまだしも、甥や姪が多いと本当に痛手です。

そう、甥や姪にお年玉をあげるのは、一般的に知られている常識なので、お年玉をあげることに違和感はないのですが、私が迷ったのは「いとこってあげるもの?」ということです。

そこで、世間一般では「いとこにお年玉をあげているのか?」を調べてみました。ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

いとこにお年玉はあげないとダメ?

私自身は社会人になった時に、いとこがまだ高校生だったので「あげないとだよな・・・」と思い、母親にそのことを言ったら「私(母親)がしっかりあげてるからいいよ」と言われました。もうここで意見が分かれてるんですよね。

世間の声をまとめたところ、やはり色んな意見がありました。

※もちろんですが、いとこが幼かったり学生だったりと年が離れているいとこへ、あげるか?あげないか?の意見です。

いとこにお年玉をあげない派

・いとことは同格だから普通にあげる必要はない
・親があげているから必要はない
・親も自分もと、1つの家庭から2つ出るのはおかしい
・自分が子供がいないので、金銭的に不平等
・仲良くないから
・交流があるいとこにはあげるが、交流がないいとこにはあげない
・年上のいとこから、自分ももらった事がないから
・学生の年齢だが、働いている為
・いとこから出産祝いなどをもらわなかったから
・あげれる余裕がないから
・自分の兄弟があげないから、釣り合いが悪い
・毎年期待されちゃうとキツイ

いとこにお年玉をあげる派

・自分が叔母や叔父にもらっていたから
・独身の場合、自分に子供ができた時にもらえないから
・一年に一度しか会わないからこそあげたい
・自分の子供が、いとこの親からもらっているから
・これからお世話になることがあると思うから

以上のような結果なのですが、あげる派の人はあげるのが普通と思っているので、特にあげる理由というのはない人がほとんでした。

でも中には「独身の場合、自分に子供ができた時にもらえないから」という計算高い人も結構いました。

逆にあげない派の人は色々な理由がありましたが、どれも「なるほど」という意見が多かったです。そもそも私が迷ったのも「いとこだし・・・」ってことなんで、みんな「いとこ」へっていうのは迷うんですね。

私が調べたところ「あげない派」も多のですが「あげたくない」という人の葛藤も目に付きました。「あげない」のではなく「あげたくない」という人達は、どんな理由があるのでしょうか?

スポンサーリンク

お年玉をいとこにあげたくない派

・「○○は1万円だったのに、少ない~」と文句を言われたことがある
・その場でポチ袋を開けたりして、マナーがなってない(親も注意しない)
・叔母などに強制されている
・いとこがたくさんいるので負担が大きい
・いとこが遊び呆けているので、あげる気がしない

「あげない派」と「あげたくない派」で違うのは「あげるけど、あげたくない」ということ。あげていたのに、マナーが悪いとあげたくなくなりますよね。

私が一番ひどいと思ったエピソードは「6月に会った時に「あけましておめでとうございます~」と言ってきて、もらえないと親に「こっちもダメだった~」と言った子がいると。その子は他の親戚にも同じことをしていた」というエピソード。それを親も注意しないらしく「もう絶対あげたくない」と思ったそうです。

これは読んでるだけでムカついてしまいました。さて、それでもあげなければいけない場合、相場はいくら位なのでしょうか?

いとこへのお年玉の相場はいくら?

いとこへの相場ですが、基本的に普通の子供と変わりありませんが、人数によっては変化があります。

・幼稚園児:500円~1,000円
・小学校低学年:1,000円~3,000円
・小学校高学年:3,000円~5,000円
・中学生:5,000円~10,000円
・高校生:5,000円~10,000円

これが、いとこの人数が多かったりすると、幼稚園児は一律500円とか小学生は一律1,000円にしたりと、懐が痛くならない様に工夫ししている人が多かったです。

まとめ

結局のところ「あげなきゃダメなのか?」に明確な答えはありませんでした。「あげる派」「あげない派」「あげたくない派」には、それぞれ納得できる理由があったので、どれが正解かは自分の判断になりますね。

とりあえず一番大変そうなのは、「あげたくない派」の人たちです。お正月は新年を迎えためでたいときなのに、苦痛ですよね。

早くいとこが大きくなってくれることを祈ります。

【関連記事】
お年玉の平均 高校生だと合計いくら位もらうのか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする