雑記

占いは当たるのか?占いを気にしすぎてしまう人に読んでほしい1ページ

占いを気にしすぎてる奴はどこのどいつだ~い?

「私だよっ」(にしおかすみこ風・・・わかる?)

そう。私は占いを気にしすぎる女です。占いで嬉しくなったり苦しくなったり、ラジバ~ンダリ・・・(これはわからない人が多いよね。私もよく覚えてないけど、言葉だけ覚えてる)

そんなことより・・・占いって不安だったり心配だったりで頼ってしまうのに、占いをしたことによって、余計に不安になってしまうことってありますよね。

それじゃ元も子もない!! 占いをしたことによって、とてつもなく不安になってしまった方(普通に不安になった人も)ぜひこのページを読んでみてください。

少しは楽になれますよ。

スポンサーリンク

占いは当たるのか?

占いは当たるのか?っていうのは、こぞってみんなが言う「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。

そして、この「当たるも八卦当たらぬも八卦」って何となくしか意味がわからないけど、よく聞く言葉の意味は・・・

当って当らなくて、それが占いである、といった意味合い。 外れて気にするな、信用するのはほどほどにしておけ、ということ。引用:weblio辞書

だそうです。この言葉は占いで悪い結果が出た時に使われることが多いですよね。

この言葉がいつからあるか?知りませんが、昔からよく聞く言葉です。それだけみんな占いで一喜一憂していたんでしょうね。

ってことは、昔から人間って占いに頼ってきたってことなんですよね。それは何故かっていうと占いが当たることが多かったんでしょうね。

実際ね、私も当たった経験がいっぱいあります。↓こんな感じで、当たった経験やよく当たる占いも書いているんです。

当たる占いの種類はどれ??的中率が高い占いを紹介します!! 今や女子だけでなく、生活に浸透している「占い」ですが、毎日テレビで目にする星座占い以外にも、かなり種類があります。 特に女性に、占...

読んでくれました?

でもね!! こんな風に当たった経験がいっぱいありますが、それ以上に、当たってないことがたくさんありました。

そうです!! あなたも外れてたこと、当たらなかったこといっぱいあるでしょ?絶対あるはず。

↑で紹介した「当たる占いの種類はどれ?」っていう記事でも書いてあるんですが、四柱推命が占いの中で1番的中率が高いんです。私の経験上。実際占いの帝王って言われてますしね。

でもね!! でも当たってないことだってあるんですよ、全然。あくまで統計学。統計だもん。全てが当てはまるわけない。

でもね、不安な時って信じちゃいますよねぇ。しかも悪いことばっかり。

でもね!!(でもねがしつこくてごめんね)やっぱり占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」なんですよね。なぜかって占いだから。「う・ら・な・い」だから。占う。占ってるだけなんですよ。

そんなことを、占い大好きで一喜一憂していた私に言われても説得力がないですよね。まだまだ不安な方は次の章へいってみよ~( ´థ౪థ)

スポンサーリンク

 

占いを気にしすぎなくなる言葉たち

まず占いって・・・

占いには科学的な根拠はありません。
よく勘違いされがちですが、学術的な統計学とは全くの別物なのです。
また、古くから伝わるものだと思われている事もありますが、古来のやり方をそのまま用いている占いはごく少数ですし、少なくとも日常的に触れる機会はありません。
私達がよく目にする占いの多くは、比較的近年に商業として確立されたツールに過ぎないのです。引用:NEVARまとめ

占いは、占い。あくまで占い。じゃあ、私が当たる確率が高いって言ってた四柱推命は?四柱推命は統計学。四柱推命は中国4千年?だかの統計。

そんな四柱推命も、それこそ古来のやり方をそのままやってる人は少なくて、いろんな流派に分かれたらしく、さらに占う人それぞれに見方や言い方もあるから、実は四柱推命でも、人によって見解が違ったりするんですよね。

さて、それでは「占いを気にしすぎなくなる言葉たち」を紹介します。

まずは、この世で一番嫌いなものが占いだと断言する有吉弘行さんの言葉。

「有吉反省会」での言葉

「占いにハマりすぎている」という本仮屋リイナさんという方が、有吉さんに「本当は占いに頼ったりしたい気持ちあるんじゃないですか?」と聞くと・・・

「まったくないですね、自分の人生ですから」
「自分よりしょうもない人間に自分の人生を決められたくない」
「せめて自分で死にたいです」
「占いは統計学っていうけど、どんな奴が統計とってんだよ。国でさえ統計隠すのに」

ラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」での有吉さんの言葉

ゲストの手相占いの島田秀平さんに対して

「お前に(占いで)人生のアドバイスをできるほどの器はない!」

他にも何かで「占い師は全員クズ」「インチキ連中」とか思いっきり言ってましたが、思い切りのいい言い方や言葉に妙に納得しちゃいました。「すげぇ勢いで言うなぁ(笑)気持ちいい!!」って。

島田秀平さんへ言った言葉も「確かに・・・」って感じですよね(笑)有吉さんの心強い言葉、もっと欲しいです。有吉さんサイドに洗脳されたいです。

他、掲示板にあった言葉を紹介します

・占いで人生決まるなら楽なもん。当たらないから苦労するんです。

・世界規模で当たると思われてたあの「ノストラダムスの大予言」だって当たらなかったじゃないか!

・当たるか当たらないかはともかく、自分の人生や将来を他人任せにはしたくない。

・特殊な人に占ってもらっていると思い込んでいるかもそれないけど、多くはカルチャーセンターなどの占い講座で多くを学び、面接に受かって働く主婦たちが多い。

・占い師は責任をとってくれるわけではない。

確かに、もし占いが当たってなくても、占い師って逃げ道がたくさんあって「あくまで占いですから」で終わりますよね。まぁその占い師のとこまで行って「当たらなかったじゃないか!!」っていう人なんてそうそういないでしょうけど。

いないでしょうけど、私、当たらなかったけど何となく信用しちゃってた占い師のところに、5年後にもう1回行ったことがあったんですね。文句言いにじゃなくて、占ってもらいにですよ(笑)

それで「占ってもらったようにはならなかったんですよ(T⌓T)・・・」って感じで報告のような相談のような感じで言ったら、その人が何て言ったかっていうと

「そっかぁ。神様の思し召しがなかったんですね」と・・・。

神様だされちゃったらさぁ、もう何も言えねぇ。神様の思し召しとかで何かが決まるなら、そもそも占いに頼らないっすよね。

スポンサーリンク

占いを気にしすぎなくなるエピソード

下記はネット掲示板で拾ってきたエピソードの一部です。それぞれハンドルネームなども含め、そのまま引用してきた方がいいかなと思ったんですが、そうするとかなり読みにくくなるので、要約しつつ書かせて頂きました。

・有名な占い師に2013年に結婚できると言われましたが独身です。

・母親が、複数人のどの占い師からも父との結婚は「最悪だ」と言われても結婚したけど、特に悪い事もなかったそうで、今も本当に幸せに二人暮らしています。

・母親は、子供の頃手相占いで「16歳まで生きられない」といわれました。 30歳頃、姓名判断で「夫を早死にさせる、あるいは、失業させるなどの悪運をもたらす」と言われました。 父は存命で、春の文化勲章を受け、母は75歳で存命しております。

・学生時代に「恋愛はできません」といわれましたが、恋愛できましたし恋愛結婚しました。姉は、当時スチュワーデスの仕事と結婚の選択を占いできめて結婚しましたが、大失敗でした。

・旦那は、姓名判断で大凶ですが、検索したら同じ字の人が活躍していました。

・友人の叔母さんが17~18歳の頃、手相占いで「あなたは20歳まで生きられません」と言われたけど現在60代。元気に生存中です。

・有名な占い師の方に来年まで無理と言われましたが、翌月妊娠しました。

・従兄弟が未熟児で生まれ、体が弱かったので占い師さんに占ってみてもらっところ「10歳まで生きられない」と言われたけど、現在28歳でピンピンしています。子供ができないといわれた私も今では健康な二児の母です。

・生まれてくる子供は男だと言われ、それも双子だとまで言われたけど、生まれたのは女の子で、双子でもなんでもなかったです。

・子宝に恵まれないと言われたのに、できちゃった婚しました。

ちなみに・・・なんですが、細木数子さんの六星占術って知ってます?大殺界ってわかります?細木数子さんは、大殺界の歳に占い師に転身して占いの本を書いてベストセラーになり、再婚も大殺界だったそうですよ。

そして私の友人なんですが、四柱推命で「この旦那とは子供はできないよ」と言われていましたが、占ってもらったその月に子供を妊娠していることが判明しました。

その子は他の占い師にも「子供はできない」と言われてたんですけどね。

的中率が高いと言われている四柱推命でさえ、こういうこともあるんですから、結局「当たるも八卦当たらぬも八卦」なんですよね (ノ・ェ・)ノ

スポンサーリンク

占いは当たるのか?占いを気にしすぎてしまう人に読んでほしい1ページのまとめ

不安で不安で安心材料がほしくて、遠くても「よく当たる占い師」と言われてる占い師のところまで行ってみたり、自分が納得する結果が出るまで、色んな占い師にみてもらったり、電話占いジプシーになってしまったり・・・。

でも思い出してください。有吉先生のあの言葉!!

「自分よりしょうもない人間に自分の人生決められたくない」

自分よりしょうもない人間かどうか?はわかりませんが、見ず知らずの、どうなっても責任をとってくれる訳ではない人の意見に振り回されたくないですよね。

上に書いたエピソードも読み返してください。あれは氷山の一角も一角です。

当たることもあるでしょうが、外れることも多いんです。まさに「当たるも八卦当たらぬも八卦」です。

ましてや「○歳までしか生きれない」とか「結婚できない」とか「子供はできない」とか、怖がらせるような落ち込ませるようなことを言ってくる占い師は信じなくていいですよ。そういうことを言ってくる人は「偽物」だと江原さんが言ってました。

占いなんて気にするな~それ!!ワカチコワカチコ~!!

ゆってぃってわかります?「ワカチコ」って「若さ・力・根性」って意味なんですって (ノ゚▽゚)ノ