可愛いくしゃみの仕方 男が思う可愛いくしゃみとは?小さくくしゃみする方法


花粉症の時期はもちろんのこと、一年中、いつ出るかわからないくしゃみ・・・。ハックショ~ン!!っていうデカイくしゃみって、男が引いちゃうんですよね。女の子には「可愛いくしゃみ」をしてほしいんだそうです。

まぁ確かに女同士でも、あんまりデカイくしゃみされると、イラッとする時もありますもんね。ちょっとは気を使えよ!!って。

でもくしゃみって、習うものじゃないし、どうすれば可愛くできるかなんてわからないですよね。ということで「可愛いくしゃみの仕方」について、まとめましたのでご参考にして下さい。

スポンサーリンク

可愛いくしゃみの定義とは?


上の犬の写真は、犬がくしゃみする寸前らしいですが、犬のくしゃみって可愛いですよね‼まぁ何をしても可愛いんですが、犬や小さい子供って純粋で「可愛さを狙ってない」から、くしゃみもオナラも、どんなことも可愛いんですよね~。

そう、可愛さは狙うと「ぶりっこ」だと嫌われ、逆に男受けは悪いです。たまに「ぶりぶりなのが大好きな男」もいますが、今の時代は「あざとい」と嫌う男が結構多いのです。

ですが!くしゃみだけは違うんですよね~。くしゃみは「くちゅん」が可愛いんだそうです。

そうです。可愛いくしゃみの定義は「くちゅん」と小さい声(音)のくしゃみです。

一度は聞いたことがありませんか?「くしゃみをしたのか?してないのか?何なんだ?今の・・・」みたいなくしゃみ。

あれがいいんです。男は・・・(笑)

でも男受けに限らず、公衆の面前とか、授業中、仕事中など、大きい音ではしづらい場合は、やっぱり「我慢する努力してます」くらいな控え目なくしゃみをできた方が助かりますよね。

「ハックショ~ン!」なんて大きいくしゃみして「ガサツな女だな」なんて思われたくないですよね。では可愛い控え目なくしゃみをする方法は?

可愛いくしゃみのやり方は?

①くしゃみが出そうになったら少し我慢して息を全て吐く

くしゃみの音の大きさは吐く空気の量によって変わるので、くしゃみが出そうになったら、すぐしてしまうのではなく、ワンテンポずらして息を吐ききって下さい。 

②口を大きく開けない

口を大きく開けると、空気だけじゃなくて色々飛びますからね。自分のですら汚いですから、音を小さくするにも口は大きく開けない方がいいですし、マナー的にも×です。 

③歯を食いしばる

くしゃみが出るときに、奥歯を食いしばって下さい。

※注意なんですが、くしゃみの時に、くれぐれも鼻と口を押さえる(両方閉じてしまう)ことをしないように!いつしかニュースになっていましたが、これで耳の鼓膜が破れてしまった人がいます。危ないです。

④ハンカチやティッシュをあてて

くしゃみって急に出るので、間に合えばですがハンカチやティッシュを口や鼻にあてて下さい。それが無理なら手は絶対あててくださいね。いろいろ飛び散りますから。

くしゃみで「しぶきがものすごい距離を飛ぶ」というのは、テレビで何回もやっているので周知のことなんです。もし口や鼻に何も当てないで「ハックショ~ン!」なんてした日には・・・。嫌な顔されても仕方ありません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、可愛いくしゃみの仕方でしたがいかがでしたか?

可愛くくしゃみをするには練習が必要です。くしゃみって思いっきりした方が気持ちいいですが(思いっきりし過ぎても痛い時ありますね)、くちゅんというくしゃみが出来ると何かと便利ですよね!

余談(鼻ぶしゅぶしゅ)

私が大きいくしゃみより、もっともっと「それやっちゃだめだよ!」って思う行動がありまして。それは・・・

鼻をぐしゅぐしゅぐしゅ~ってすごい勢いで、手のひらで上下だったり左右に動かすことです。しかもその時に鼻で息を吸ったり吐いたりしてる(どっちかわかんないけど、フン~!って音出してる)

説明しにくいんですが、わかってもらえます?くしゃみの後にやってる人がたまにいます。最初にそうやってる人を見た時に衝撃でした。「そんなにこすったら鼻が取れるよ!!」って。

鼻が痒くて痒くてたまらないのかもしれないですが、周りは結構びっくりします。

アトピーの人が痒くて無意識に肌を掻いちゃうというのをたまに見かけますが、そういうのとは違うんですよ。それは仕方ないと思います。

鼻をぶしゅ~!ぐちゅぐちゅぐちゅ~!って(さっきと音の表現が違いますが)やるのは、癖だから直せるし、この行為とにかく下品なんですよ。私は「育ちが悪いんだな」とまで思いました。親が注意してくれなかったんだって。

そういう癖がある人は、くしゃみより前にそっちを改めた方がいいです。せっかく可愛いくしゃみをしても、その後にものすごい勢いでぐしゅぐしゅしたら100年の恋も冷めてしまいます。恋してなくてもすっごい引きます。

これは私の戯言なんですが、友人と話した時に全員意見が一致した「嫌な行為」でした。

でもな~、きっとこの記事を読んでくれてる人は、女子力高くしようとしている人が多いだろうから、鼻をぶしゅぶしゅする癖の人に限って、こういう記事は読んでくれないんだろうな~(心の声)ではでは・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする